がんばろうニッポン!!!

頑張るよ←自分

2018年9月24日月曜日

3連休

 初日の土曜日、職場の人と日本海の親知らずへ釣りに。
朝出て、午後から日没まで半日の釣りでした。
 豆アジがたくさん釣れ、それを餌にして、大物を狙いました。
22.5センチのキジハタとフクラギ2匹、かますを数匹をGETできました。

 カマスは塩焼き、フクラギは1匹は塩焼き、もう一匹は刺身、キジハタはもちろん刺身でいただきました。 みんなそれぞれのおいしさでした。

 日曜日、車検通しただけだったバイクで北信方面へ。
上田経由で菅平をかすめ、草津温泉に寄って、草津白根道路で長野県へ戻る旅でした。
 草津白根道路は、土曜日に再開したばっかりでしたが、そんなことを知ったのは、帰ってきてからでした・・・

 草津温泉の湯畑の脇を走り抜けましたが、温泉街周辺はひどい渋滞でした。三連休のせい?

 白根山は、ハイキングできれば、と思っていったのですが、前回の噴火の影響で、景色の良いところは駐停車禁止で、監視の人がいました。監視の人は有毒ガスは大丈夫なのか? 心配になりました。

 山の山頂付近はガスの中で、ほとんど景色が見られません。 

ところで、かつて有料道路だったところが国道になったので、国道最高地点が八ヶ岳の麦草峠から、こちらに変わったんですね。 全く知らなかった・・・














2018年9月19日水曜日

Ansel Adams

  amazonで古い写真集を900円+送料250円で購入。
英国からの発送だけど、送料250円でO.K.なのか? と思いつつ、ぽちる。

 国内送料は別途請求されるかも、などと思っていたけど、普通にとどいた。 船便だと思うけど、約3週間かかった・・・

 Ansel Adamsは白黒写真で有名なひとで、カラーの写真ってあまり知られていないように思ったので注文してみたのですが、やはり、光と影の写真家だと思った。
 有名な国立公園を撮った写真でも、カラーだとなんだかパッとしない感じを受けた。
(個人的な感想ですが・・・)
 
 でも、NewMexicoやUtahで撮影した写真のいくつかは心惹かれるものがありました。
アメリカって、旅行地としてあまり興味なかったけど、少し行ってみたくなりました・・・






2018年9月1日土曜日

天気悪い・・・

 今週末も天気がそんなに良くないです。
朝は雨、その後薄曇りで回復するか?と思ったらが、午後になって風が強くなり、雨が混じってきた。

 そいうことで、午前中、図書館に行って、アンセル・アダムスの写真集を書庫から出してもらって眺めてただけ・・・
 写真一つ一つに、撮影状況から、現像したときのレシピ、焼き付けの時の注意したところなど、事細かに書いてる。 でも、いつ撮影したのかはうろ覚えって・・・
 
 



2018年8月22日水曜日

蝶ヶ岳 夏紀行 その3 星空~モルゲンロート・・・

 夜も風が無く、穏やかでした。が、寒かった・・・

 星を撮りに22時ごろ起きた。 月が沈みかけていて、空が明るく、天の川は薄くしか見えない・・・

 月が沈むまで待ったが、薄雲が広がってきて、やはり天の川は弱い・・・

夜中にも、再度テントをはい出てみたが、薄雲が広がっており、天の川を断念・・・

しかし、テントには薄っすらと霜が付いていた。寒いわけだ・・・


















2018年8月20日月曜日

蝶ヶ岳-その2-妖精の池~日没・・・

 昼寝をして3時過ぎに起きてもやることがないので、妖精の池まで行ってみた。

山頂から10~15分ほど上高地側に降りたところに妖精の池はある。

『妖精』の由来は不明、だけど、池にいるのはオタマジャクシ風に見えるけど、えらが外に出てるからサンショウウオか?

 このころから雲も取れてきたので、テント場近くで、カンチューハイ飲みながら、日没まで、しばし風景を眺める。

 隣に群馬県から来た、おじさんと談ギル。毎週山に行ってるらしい。先月五竜で会った親子に、ここで再開したといっていた・・・
















2018年8月19日日曜日

雨上がりの蝶ヶ岳・・・小さい秋? その1 登山口~山頂編・・・

 お盆休み中、毎日のように午後になると雨が降る感じで、天気がイマイチ山向きではありませんでした。

 しかし、お休みも後半、ここでどこかに行っておきたい、と毎日天気図を眺めていました。 本当は東北方面に行きたかったけど、金曜日はまだ回復しない感じだったので、あきらめて近場にしました。

 金曜の朝4時、家を出るころは、まだ低い雲が頭上を覆っていました。7&11で食料を仕入れて登山口に向かう途中も、ワイパーを使うほどでもない霧雨がパラパラという感じでした。

 でも、天気図を信じて、登山口に。 三ツ股駐車場の手前で道が半分崩れているので、今は数百m手前の駐車場しか開いていません。 お盆休みにつなげて山に入る人が多いけど、昨日の大荒れの天気じゃあ、空いているはず、という読み通り、まだほとんど空いていました。(土曜に戻ったら、駐車場からあふれた車が数百m、下のほうに路駐していました。早く着いて良かった・・・)

 5時、歩き始め。雨はやんでいますが、霧が近く、空気が湿っている感じでした。 でもここ何日かの酷暑と比べたら、かなり涼しい。 秋?という感じです。 まあ、気圧も西高東低で秋から冬にかけて寒気が入る配置ですね。(昼に蝶ヶ岳山荘でTV見てたら、北海道の旭岳で初雪だったらしい・・・涼しいより、寒いが正解でした。)

 名物のゴジラの木のところで少し休んで、次のまめうち平で休憩。今回は地図のコースタイムと同じかやや早い感じ。 なるべく疲れないようにゆっくり歩いているので、少しの休憩ですむからかな?と思いました。

 まめうち平からその後も、ペースを上げず、標高差150mごとに小休止する感じで登りました。

 前回来たときは6月の残雪期だったので沢の開けた空間を登った記憶がありますが、今回はコースがやや違い、大滝山への分岐までずーっと林間を歩く感じです。 霧の中ということと、木陰のおかげでずーっと涼しく登れました。

 大滝山の分岐から森林限界を抜ける感じで、お花畑が広がっています。

 山頂(テント場)には10時少し前に到着しました。 まずはテント設営。昨日からいる感じのが2個。ほぼ同じ時間に上ってきた人が張っているのが2個、という感じで、好きなところに張れました。 風が強いところなので、なるべく木陰を選びます。 前々回は、あまりの強風で夜中に撤収しましたからね。 設営費を払いに行ったら、昨日の夜は、やはり強い風で、数人テント壊れた人がいたと山小屋の人が言ってました。いやいや、あの天気でテント張ってる人がそんなにいたとは!

 天気図は高気圧がのっかってきているので絶対ピーカン!だと思っていたのに、穂高方面は雲がなかなかとれず、槍や穂高も20分に一回くらいチラっとしか見えません。

 あきらめて、小屋の食堂でおでん食べながビール飲んで、お昼寝します。 雲が取れないので、テントにも日が差さず、中で寝ていても暑くないのがありがたい。

 3時過ぎに起きて、妖精の池までお散歩しました。そこは次回、つづく・・・